NEWS

2018.03.14

  • NEWS

Facial expression recognition for "Saya virtual human project" at SXSW

人間らしい自然な動きを実現し、初めて「不気味の谷」を越えたと言われるCG女子高生Saya。
2018年3月9日〜13日、アメリカ・オースティンで開催されているSXSWにて、”Saya virtual human project”を発表しました。

QosmoはSayaの表情認識AI開発を担当。Sayaと対面した人の表情を認識し、笑顔を認識するとはにかんだように笑顔を見せてくれるといった様々な行動を -1アクションに対して1アクションを返すのではなく- 前後の文脈を加味し表現します。また、ユーザーの表情を認識するため、非言語でのコミュニケーションを可能としています。

*Saya:CG制作ユニットTELYUKAによる、フルCGの女子高生。

Credit:

CGI Artist: TELYUKA

Machine Learning:徳井直生(Qosmo)

Creative Director: 新沢崇幸 (TBWA HAKUHODO)
Art Director:小川貴之 (TBWA HAKUHODO)

Technical Director:中原玄太 (HAKUHODO)
Software Programing:藤原晴雄 (HAKUHODO)
Software Programing:田原將志 (HAKUHODO)
Hardware Programing:佐野和哉(QUANTUM)

Business Producer:佐藤秀樹 (HAKUHODO)
Integrated Producer:信太宏文 (MAGISTIC FILMS)
Producer:本部康博 (HAKUHODO/Product’s)
Visual Director:白幡裕彦

Executive General Manager:宮代秀彰(HAKUHODO CASTING & ENTERTAINMENT)
Casting Planner:内山遊子(HAKUHODO CASTING & ENTERTAINMENT)

SHARE :

Qosmo