PROJECT

We are working on a project to challenge Japanese Professional Baseball commentary using deep learning / data mining.

ディープラーニングを用いた配球予測

We are working on a project to challenge Japanese Professional Baseball commentary using deep learning / data mining.

第一弾として、2017年日本プロ野球シーズン中にNHK BS番組内での活用を目指します。またこれに伴い、開発風景を取り上げた番組が3/27(月)16時45分より NHK BS-1内で放送。詳細は http://nhk.jp/zuno-san こちらからご覧ください。

開発にあたってはディープラーニング技術を採用、具体的には2004年から記録されている300万球を超える打席データを学習することで配球や勝敗、順位を予測したり、データマイニングを応用しこれまで人間の解説者では見つけることのできなかった選手の傾向や試合状況に応じた投球の解析などを行います。

Qosmoはディープラーニングとビジュアライゼーションを担当。
共同開発チームとして Dentsu Lab Tokyoは企画とディレクション、山田興生氏はデータマイニング、株式会社TWOTONEはUIデザイン、株式会社パズルはプロデュース、データスタジアム株式会社はデータ提供と勝敗予測の統計シミュレーションを担当しています。

SHARE :

Qosmo