2019.12.09

Posted by

Yumi Takahashi

Exceptional place to work – オーストリアから届いたInternship Report

  • Share

2019年7月〜9月の間、Qosmoでインターンをしていたスイス人のFabinよりInternship Reportが届きました。

オーストリアの都市リンツにある芸術大学から初のインターン生として迎えた、Qosmoとしても記念すべき1st of the studentです!

Qosmoでの活動の中で、ディープラーニングで解析した楽曲の特徴をもとに3次元にマッピングしたビジュアライゼーションなどを実績として残してくれています。

実は私もQosmoに8月に入社したばかりで、Fabianとの思い出は1ヶ月分しかないのですが、彼の魅力いっぱいの人柄により、濃ゆい時間を過ごすことができました。

ちなみにFabianは日本のタクシーが大好きだそうです。(お父様を思い出すんだとか!)
彼の写真からもその愛が伝わりますよね。

なにより彼とのエピソードで忘れらないのが、
打ち合わせしていないのにコーディネートが被る。
しかも結構被らなそうな柄や色で被る。

なんだか強い縁を感じています(笑)

そんなFabianのReportに書いてあることと、私が入社して感じたことに大きな共通があったので、抜粋して皆さんにシェアしたいと思います!

<英文>
“Qosmo is exceptional place to work.

Right from the start I felt that you had confidence in me to work on my own and to define my own progress. At first this made me feel uneasy and slightly lost as I misinterpreted your intentions as indifference.

Former places where I worked at had strong hierarchical organisations and decisions could only be made in e-mails together with superiors.
~~~~~

After my trip, I understood that Qosmos is a place where taking ownership of projects and exploration are supported.”

<日本語文>
「Qosmoは働くにはこの上ない素晴らしい場所です。

働き始めてすぐに、Qosmoは僕に対して、仕事に対する主体性を尊重し自分自身の成長を自分で定義する、ということを示してくれました。

実は最初はそれを間違って捉えてしまい……

これまで強いヒエラルキーの組織で働いていた僕は、例えば何かを決定するためには必ず上長とメール(書面)上で進行しなくてはいけない、という経験がありました。

そんな僕にとってはこれまでの環境と正反対のようで、最初は戸惑いを感じました。
しかし、最終的には理解できました。

Qosmoは自分の携わるプロジェクトにオーナーシップを持つための様々な探求を応援してくれる場所です。」


これは入社して私自身も強く感じて、感動をしていることです。

例えばこのブログを書くことも、「ゆみさんらしく」と後押しをしてもらっています。これまでいた会社でももちろん、自分らしさや良さを活かすように多くのサポートをいただいてきたのですが、よりありのままに興味があること・好きなことをオープンに表現させてもらっている実感があります。

それはきっとQosmoのメンバーそれぞれが日々それを体現してくれているからなのかなと思います。過去のNaoさんのブログの最後にも、Qosmoが設立当初からずっと大切にしているビジョンについて書かれており、まさしくそれをメンバーみんなで実行していることを実感します。

また、会社として携わるプロジェクトだけでなく、人生をかけて取り組みたい個人プロジェクトを応援してくれる環境であることもオープンになれる手助けになっています。

Qosmoに入社してから働くことと自分の人生を生きることの境界線がなくなったな、と切実に感じています!


そしてQosmoでは、随時アルバイト、インターンの学生さんを募集していますので、興味のある方は contact@qosmo.jp までぜひお気軽にご連絡ください!

最後に、Fabianの一番のお気に入りの”セルフィー” をシェアします。
彼の作品の中で、私も大好きな作品です!笑

photo by Fabian Frei

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT