WORKS

Kids' programming school "School of Deep Learning"

NHKエンタープライズ・Life is Tech!・Qosmoの3社は 2018年2月17日~18日の2日間、中学生・高校生向けの無料AIジュニアスクール『ディープラーニングの学校』を開講しました。
AIがどのように作られてどのように機能するか、どんなことが得意でどんなことが苦手か、そしてこれからどうAIと向き合っていくべきか、実践を通して学ぶワークショップです。

Qosmoは技術監修を担当。畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた画像認識モデルを簡単に学習できるシステムを子どもたち向けに開発しました。
短い期間で正しい理解と実践をしてもらうため、多くのパラメーターが複雑に作用するモデルから重要度の高いものをいくつか取り上げました。シンプルに操作できるようにパッケージしたのち、ワークショップを運営するLife is Tech!さんによって子どもたちが触れる教材に落とし込まれました。

6人1チーム、チームごとに担当のメンターがサポートします。
1日目はアイスブレイクやAIの仕組みを楽しく理解できるボードゲームなどのレクリエーション。
2日目はブラウザ上で動作する環境”Jupyter”を使ってPythonのコードを書き、実際に画像認識モデルを作っていきました。また東京大学大学院情報理工学系研究科准教授の山崎俊彦先生による特別講義もあり、なぜ今AIが話題になっているのかや、最先端の研究事例などについてお話しいただきました。

AIの思考を理解するためのこのボードゲームは、Life is Tech!さんのオリジナルの教材として今回制作されました。
チーム内の一人がいくつかの動物の写真の中から選んだ一枚を、もう一人が ○や×、△などシンプルな記号を9つ使って再構成し、また別の人がそれを見て もとの写真はどれであったか当てるというものです。
このワークを通して、私たちがいかに複雑な思考でものごとを認識しているか、AIがどういう思考で学習しているかを類推していきます。

Jupyterを用いた実践では、犬猫判定器を制作。既存のデータセットを利用し犬・猫それぞれ1000枚の画像を用いて学習させました。学習回数を上げることで精度は上げられるものの、単純に回数を増やすだけでは学習がうまくいかないなど、いろいろなケースを実行して体験していきます。
学習後の判定器に犬と猫ではない好きな写真(他の動物や自分の写真など)を入れてどのように判断されるか、またなぜAIはそう判断したのかなどチーム内で話し合う様子も見られました。

今後もこのようなプロジェクトを通して、正しいAIの理解につながったり、AIとの付き合い方を考えるきっかけを作っていけたらと思っています。

CREDIT

Host
NHK ENTERPRISES, INC.
Workshop Management
Life is Tech!
Technical Supervision
Qosmo
SHARE :

Qosmo