VISION

アートとテクノロジーを通じて
人類の創造性を拡張する

MISSION

作品制作を通して創造性のフロンティアを切り開くとともに、アーティスト・企業・個人が使えるAIツールを提供することで、より多くの人が創造的に働き・学び・暮らせる社会の構築に寄与します。

WHY ART ?

なぜアートが技術開発やビジネスに必要なのでしょうか。
デジタル技術、特にAI技術などが浸透することで、「正解」のコモディティ化が進んでいると言われます。最適化を推し進めれば推し進めるほど、正解とされる答えの幅は狭くなっていくからです。最適を求めると、誰がやっても同じような解に行き着くとも言えます。
価値は差異にこそ生まれます。コモディティ化された最適解には価格競争が待っているはずです。今、この社会、ビジネスにおいて価値を持つのは、最適解ではなく、ユニークな問題を見つける新しい視点だと言えるでしょう。

QOSMO'S
TECHNOLOGY

QOSMO'S
TECHNOLOGY

  • 01

    音楽・音声生成

    • AIによる自動楽曲生成
    • 生体・環境フィードバックによる楽曲生成
    • 伴奏生成
    • 音色・音声置換
  • 02

    音楽理解

    • メタデータ抽出
      • BPM、楽器、音声、ジャンル、コード等
    • プレイリスト生成
    • 音源分解
  • 03

    画像・パターン生成

    • 画像、イラスト生成
    • パターン生成
    • スタイル変換
  • 04

    物体認識

    • オブジェクト認識
    • 表情・感情認識
    • モーショントラッキング
    • 敵対的学習(認識回避)
  • 05

    マルチモーダル

    • 画像、テキスト、音楽、環境のマッチング
      • Xに合ったYの選択
      • Xに合ったYの生成
    • 画像検索
  • 06

    可視化・XR

    • データ可視化
    • 音声シグナル可視化
    • AR表現
    • アプリケーション制作

WORKING
WITH QOSMO

  • アート作品、
    広告等の
    制作の
    ご依頼

    アート、広告などの
    コミッション作品の制作

    過去の実績

  • クライアント様の
    R&Dのご支援

    製品・サービス開発にAI技術の
    応用、
    組み込みを技術支援

    過去の実績

  • Qosmo保有技術を
    ライセンス提供

    弊社独自のアルゴリズムを
    ライセンスにてサービス提供

    製品のご紹介

わたしたちがこれまでに手掛けた作品は、ニューヨーク現代美術館やロンドンのバービカンセンターなどで展示されたほか、2019年のGoogle I/Oでの基調パフォーマンスとして招待されるなど、世界的にも評価されています。AIの主要な国際学会の一つ、NeurIPSで機械学習と創造性に関するワークショップを共同企画するなど、学術領域でも国際的に活動してきました。こうした実績のもと、日本を代表する企業や海外の企業との研究開発プロジェクトを今現在も推し進めています。
アーティストの視点で得たアイデアを、研究者の技術をもとに、高度なプログラミング技術とデザインでかたちにする。Qosmoはそんな集団です。

受賞歴

2022
D&AD 2022 (Design and Art Direction) Graphic Design部門 YELLOW PENCIL
One Show 2022 Creative Use of Data部門 シルバー|Design部門 シルバー|IP & PRODUCTS部門 Merit
NY ADC FASHION DESIGN部門 Craft / Use of Technology ゴールド|Innovation シルバー|Craft- Patterns / Textilesカテゴリ Merit
2021
Cannes Lions 2020/2021 Digital Craft Lions部門ブロンズ
2020
The One Show 2020 Design Branding / Identity System部門ブロンズ
ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS(ACC賞) クリエイティブイノベーション部門 ゴールド
2019
Spikes Asia 2019 Digital Craft 部門グランプリ
2018
Ars Electronica 2018 Interactive Art+ Honorary Mention
第21回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員推薦作品
2017
Ars Electronica STARTS PRIZE Nomination
2014
Cannes Lions 2014 Titanium グランプリ
2012
Connes Lions 2012 Mobile Lions部門 ゴールド
東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)モバイルアプリケーション賞 銀賞

CUSTOMERS
& PARTNERS

  • 日本放送協会
  • 本田技研工業株式会社
  • 株式会社電通
  • 関西電力株式会社
  • Sansan株式会社
  • Google
  • 株式会社日立製作所
  • Netflix, Inc.
  • 日本電信電話株式会社
  • 株式会社ライゾマティクス
  • サントリーホールディングス株式会社
  • 株式会社東北新社
  • 株式会社資生堂
  • 株式会社USEN
  • AlphaTheta株式会社
    (Pionner DJ)
  • トヨタ自動車株式会社
  • ソニー株式会社

and more.

Qosmoは下記の大学・研究機関と提携し、様々な研究開発プロジェクトを行っています。

  • Interface Culture
    (Linz, Austria)
  • 慶應義塾大学 SFC

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT

CORE VALUES

  • 誠実さ

    社会や文化に貢献しないかたちでの利益は求めない。

  • 多様性と広い視野

    身の回りのコミュニティから全世界まで、テクノロジーとアート、視野を常に広く持ち、多様性を重んじる。

  • なぜ? を常に深掘りする姿勢

    深く考え常識や固定観念に囚われない発想をする。

  • 最善の努力・最良のインパクト

    最善を尽くすだけでは十分ではない。世の中に広まる/人の行動を変える/多くの人に認められるといった結果がついてこそ意味がある。

CORE MEMBERS

Qosmoはアーティスト、研究者、プログラマ、デザイナーから構成される集団です。

Photo by Gottingham

CORPORATE
PROFILE

会社名

株式会社 Qosmo(コズモ)

設立

2009年4月1日

所在地

〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-13-14 REVE中目黒2F(Dentsu Craft Tokyo内)

役員

代表取締役 徳井 直生

社外取締役 Alexander Reeder(アートアンドプログラム株式会社)

業務内容

アルゴリズムを用いた表現に関する業務、企画・研究開発

  • – AIシステム設計/開発
  • – インタラクティブ・サウンドデザイン
  • – コンピュテーショナル・デザイン
  • – 自然言語処理
  • – データビジュアライゼーション
  • – モバイルアプリケーション など

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT