SIAF2020 Matrix

鑑賞経路が生成される展示オンラインコンテンツ

Share

OVERVIEW

札幌国際芸術祭(略称:SIAF)は、3年に一度札幌で開催される芸術の祭典です。現代アートやメディアアートの作品を紹介するとともに、札幌の魅力を国内外に発信しています。3回目となるSIAF2020は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し開催を中止しましたが、新たな企画としてオンラインコンテンツ“SIAF2020 Matrix”というWebサイトを公開しました。Qosmoは、SIAF2020の企画ディレクターであるアグニエシュカ・クビツカ=ジェドシェツカさん、SIAF2020実行委員会事務局の皆様と共同で本サイトの企画・制作を担当しました。

BACKGROUND

2020年〜2021年にかけて、パンデミックが私たちの生活に浸透し、様々な規制により、リアルなイベントに人が集まり空間体験を共有することが難しくなりました。このような状況の中で、札幌国際芸術祭(SIAF2020)チームからリアルイベントの代わりにオンラインコンテンツを新しくデザインし、実現することはできないかというアイデアが生まれ、企画が開始されました。企画を進めるにあたり、展示空間とは何かを再考察し、開催される予定だったオリジナルの展示での生きた体験を構築し、オンライン空間でイベントを蘇らせることに重点を置きました。その結果、単に作品をアーカイブするWebサイトではなく、鑑賞者の興味関心にあわせて鑑賞する作品が変化するオンラインコンテンツとしてのWebサイトが完成しました。

WEBSITE

このウェブサイトは、鑑賞者が選んだキーワードを元に、機械学習によって独自の鑑賞経路が生成され、経路にしたがって各作品を鑑賞できるサイトです。

まず、トップページに最初に表示されるレイアウトは、札幌市内を中心に配置し、各作品の実際の座標を反映しました。今回のオンライン空間ではこのような地理的背景を元にしてWebページが開き、徐々に変化していきます。この新しいフィールドに適応するかのように、各作品を表象するオブジェクトは物理演算に従い、画面を埋め尽くすようにダイナミックに再編成され、ユーザーの操作にあわせてインタラクティブに反応するオブジェクトに変化します。

トップページレイアウト

鑑賞者がキーワードを選択して、展覧会を進む中で、作品同士を結ぶパスによって形成された角度が、コーナーや廊下のように画面上に表示されます。これにより、ナビゲーション機能を低下させることなく、空間的なコンテキストを鑑賞者に思い起こさせます。

右上にミニマップを表示した展示レイアウト

実際の空間のように、鑑賞者が両者の間に距離感を感じられるような表現を加えました。そのために、作品を見ている人の情報はリアルタイムでサーバーに送信され、他の人へも配信されるようになっています。メインの展示レイアウトを見ていると、自分の周りにいる鑑賞者が画面上に現れ、それによって、他の鑑賞者の存在に気が付きます。

TECHNOLOGY

アルゴリズムとしてはQosmoで使用することの多い機械学習を取り入れました。今回の目的はストーリーの生成システムを構築することでした。各アートワークに関するコンセプトをまとめたテキストなど利用可能なデータを使用し、自然言語処理のモデルにそれらをかけると、テキストから特徴を抽出することができます。そのアートワークの意味を反映した鑑賞経路を鑑賞者に提案します。この空間は、デフォルト状態では、多次元で構成されていますが、今回は、パフォーマンス上の問題から、2次元に縮小しています。地図と似ているため、直線的な距離を計算できます。

選択されたキーワードは、潜在的な空間にパスを見つけ、それをトップレイアウトに投影します。

上図は、Webサイトのナビゲーションが行われている場所です。任意のランダムなプロジェクトから始まり、ユーザーはその空間上、最もそのプロジェクトに近いものへ誘導されていきます。このように、現代的なデータ処理手法を用いて、従来の恣意的なウェブナビゲーションをかけあわせ、新しい自然な情報の見せ方を追求しました。



ARTICLES


CREDITS

  • Planning /Concept

    Agnieszka Kubicka-Dzieduszycka (SIAF2020 Curatorial Director of Media Art)

  • Production

    Sapporo International Art Festival Executive Committee

  • Director/Web Development

    Robin Jungers (Qosmo, Inc.)

  • Technical Director

    Shoya Dozono (Qosmo, Inc.)

  • Designer

    Naoki Ise (Qosmo, Inc.)

  • Project Manager

    Sakiko Yasue(Qosmo, Inc.)

  • Technical Advisor

    Nao Tokui (Qosmo, Inc.)

  • Descriptions of the work were written by

    Taro Amano (Curatorial Director of Contemporary Art and Director in Chief of SIAF2020)

  • Descriptions of the work were written by

    Agnieszka Kubicka-Dzieduszycka

  • Asami Hosokawa (SIAF2020 Secretariat Manager of SIAF2020)

  • Naoto Iwasaki (Curator of of SIAF2020 (Hongo Shin Memorial Museum of Sculpture, Sapporo))

  • Kazumi Miyai (Curator of SIAF2020 (Moerenuma Park))

  • Emi Nakamura (Curatorial Advisor of SIAF2020)

  • Seiji Nakamura (Curator of SIAF2020 (Hokkaido Museum of Modern Art))

  • Tsubasa Nishi (SIAF2020 Secretariat Manager of SIAF2020)

  • Kazuhiko Sakurai (Director of Hobetsu Museum)

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT