Surrender ゆだねる力展 — 能動と受動の間で

2022年6月17日(金)-7月31日(日)
Gallery 9.5(HOTEL ANTEROOM KYOTO)
開館時間:10:00-20:00|入場無料

Qosmo
徳井直生 ロビン・ジャンガス 中嶋亮介

2020年春、新型コロナウイルスの流行によって、外国人観光客が街から消えた。友人のパーティーや近所のバーで偶然出会った人たちとの会話を通して、世界が少しだけ違って見えるようになる、そんな感覚を味わうことも無くなった。マスクをつけるかどうかといった単純な判断ひとつとっても、こちら側、あちら側の人という区分を作り、排除する力学が日々働いている。

一方、オンライン環境では、YouTubeやNetflixのおすすめアルゴリズムがわたしたちに「最適な」コンテンツを常に提示してくれる。こうしたアルゴリズムに対して、どこまででも受け身になり得ることを痛感している人も多いのではないだろうか。

昨今のコロナ禍とAIをはじめとするテクノロジーの発展は、私たちの生活から「異質」なものを排除し最適解に向かうベクトルを強化すると同時に、異質なものをどれだけ受け入れるのか、わたしたちの日々の意識を問い続ける結果となった。

そうした中、本展では、コンピュータのプログラムやAIという異質な存在、あるいはわたしたちを取り巻く環境の変化に、創作のプロセスの一部をゆだねた作品を展示する。

アーティストが自らの判断を、外側にあるプロセスに「移譲する」ことで、自身の創造性の半歩外側を探索しようとする感覚、異質性や予測不可能性を排除するのではなく、意識的にそれらを受容する姿勢がそこにはある。単にコンピュータのアルゴリズムに盲目的に従うわけでもなく、能動的な受動性(ブライアン・イーノであれば、サーフィンすると呼ぶであろう状態)が存在している。

東京をベースとするQosmoは、アーティスト、エンジニア、AI研究者などからなるコレクティブで、テクノロジーとアートを通して人類の創造性の拡張に寄与をすることを目指している。今回、Qosmoのメンバーが展示する作品は、上記の姿勢を通して、わたしたちを取り巻く日常の環境やテクノロジーに対してオルタナティブな視座を提供しようとする試みである。

ある瞬間、そこでしか生まれない表現。ブライアン・イーノが提示したGenerative Musicの考え方をモチーフに、アーティストとアーティストが受容したプロセス(AI/環境)によって生み出されるうつろいゆく表現が、私たちの時間や空間に対する感覚を変容させる。

Generative Artという言葉が、プログラミングツールを使ったビジュアル表現を指す概念として矮小化しているように感じる中で、改めて生成的(Generative)であることの本質、外部のプロセスに適度に身を任せることの意味について考え直すきっかけになれば幸いである。

ブライアン・イーノに心からの敬意を表して

2022年6月

Qosmo代表 徳井直生

アクセス

Gallery 9.5 (HOTEL ANTEROOM KYOTO)
ホテル アンテルーム 京都

〒601-8044
京都府京都市南区東九条明田町7番
tel: 075-681-5656
fax: 075-681-5655

[Google Map]

関連音楽イベント

Surrender – The Ecstasy of Surrendering to Sound

@京都CLUB METRO
2022年7月18日(月・祝日)
18:00 Open
前売/当日:¥2,500
ドリンク代別途 *前売は特典付 

Nao Tokui|AI-Generative Live
AOKI takamasa|DJ
Daito Manabe|DJ
Synth Sisters|Live
Ken Furudate|DJ
aluca|DJ
Robin Jungers|VJ
Ryosuke Nakajima|VJ
+
参加決定!
SPEKTRA | VJ

展示風景

ロビン・ジャンガス|64 Memories of Noise

オーディオ・ヴィジュアル・インスタレーション|2022|モニター、スピーカー、コンピュータ

「64 Memories of Noise」は、環境音から生成される連続的な音のシンフォニーである。京都やその周辺のありふれた場所で録音された音声が追加されることで、このシステムはある種の観察装置のように振る舞い始め、短い音の断片を、多くのデータポイントからなるグラニュラーかつ感覚的なテクスチャーに変えていく。

ここでの興味の対称は、録音の内容ではなく、それらが持つ情報の複雑さにある。テクニカルには、情報を持たないものを「ノイズ」と呼ぶ。すなわち、人の会話や鳥の鳴き声などが聞かれない時、意図的なコミュニケーションが感じられない時でも、完全に混沌とした環境の特徴として、ノイズはそこに存在している。

本作品では、音のこうした側面に注目することで、私たちを取り囲むサウンドスケープにおける静寂と無秩序のパターンを再現し、抽象的な記憶の集合体として残すことを試みる。

中嶋亮介|Suspended Identity

オーディオ・ヴィジュアル・インスタレーション|2022|カメラ、ディスプレイ、スピーカー、コンピュータ

2つのAIが互いに同一化/差異化するプロセスを通じてコミュニケーションを行う様子を描いた作品。それぞれのAIは接続されたカメラを通して相手の画像を取得/解析し、その情報を学習して自身の内部状態を変化させることで、相手との同一化/差異化を試みる。

同一化のプロセスでは相手を模倣する画像を生成することを、差異化のプロセスでは相手と異なる画像を生成することを試みる。同一化のプロセスが進行し内部状態の変化が減少すると、差異化のプロセスが開始される。その後差異化のプロセスが十分に進行すると、今度は同一化のプロセスが再開される。これにより、互いが互いに同一化/差異化を試みるフィードバックループが構成される。

カメラを通じて取り込まれる画像には、別のAIという他者が含まれると同時に、その他者が取り込んだ過去の自分の痕跡も含まれている。これにより、他者は他者であると同時に自己でもあり、自己は自己であると同時に他者でもあるような状態となり、そしてその境界は徐々に薄れてゆく。

徳井直生|Musical Ambience: Ambience for a Hotel

サウンド・インスタレーション|2022|マイク、スピーカー、コンピュータ

Slow down. Focus. Surrender to here and now.

音楽のように環境を聴く、をテーマに制作された音響作品シリーズの第一弾。

本作品では、マイクを通してひろったその場の音が、AI音色変換アルゴリズムを通してリアルタイムに楽音に変換される。変換後の音がスピーカーから再生され、マイクによって再度ひろわれることで起きるフィードバックが、重層的な深みを持つ音を生み出す。

その瞬間、その場で生まれ、変化し、そして消えていく音に、耳を澄ましてみる。日常の何気ない音、自分が立てたかすかな音が、ノイズ以上、音楽未満の何かに変化することで、私たちの環境に対する意識はどう変容するのだろうか。

企画制作:Qosmo
協力: HOTEL ANTEROOM KYOTO
機材協力: (株)FRM

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT