CULTIVATE
THE CHAOS

Qosmo(コズモ)の社名の由来である「コスモス」。

その対立概念とされる「カオス」とは、複雑なアルゴリズムによる予測できない結果ではありません。

この図式は、
人間の意志によって決められているだけで、

本当の「カオス」は
どうやっても測ることができません。

本当の「カオス」は、数学における点のような、

無に近い、存在しないかもしれない非概念です。

そして、人間の手仕事もアルゴリズムと同じように

テクノロジーであり、偶然を呼び込むものなのです。

私たちがつくったアルゴリズム。

そのアルゴリズムが出した結果によって、

今度は私たちがつくられる。

私たちがアルゴリズムになると同時に、

アルゴリズムが私たちになる。

そうやって私たちとアルゴリズムとが手を組みながら、

「カオス」を掘り起こし、耕し、養い、育む。

その設計とプロセスに、

Qosmoのクリエイティビティがあります。

COMPUTATIONAL
CREATIVITY
AND BEYOND

私たちが手がけるコンテンツは、

音楽作品や映像作品、インスタレーション、

Web、モバイルアプリケーションまで
多岐にわたります。

また近年ではR&Dのプロジェクトにも
多く取り組んでいます。

クリエイティブの領域に新しいテクノロジーを
導入することで、

今まで想像できなかった表現が可能になる。

アルゴリズムを用いたデザイン、

データビジュアライズなどを通じて、

新しい視点をもたらす表現を生み出すことに
チャレンジし続けます。

MEMBERS
Photo by Gottingham
CORPORATE
PROFILE
2009年設立。創作の過程にアルゴリズムを介在させることで、新しい気づきや視点をもたらす表現を実践する。社名 – コズモ – は「宇宙の秩序」と「純真な花」、両極端の意味を持つ単語「コスモス」に由来する。Computational Creativity and Beyondをモットーに、AIを用いた作品制作、アルゴリズミックデザインなどを手がける。

会社名

株式会社 Qosmo(コズモ)

設立

2009年4月1日

所在地

〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-13-14 REVE中目黒2F(Dentsu Craft Tokyo内)

役員

代表取締役 徳井 直生

社外取締役 Alexander Reeder(アートアンドプログラム株式会社)

業務内容

アルゴリズムを用いた表現に関する業務、企画・研究開発

  • – AIシステム設計/開発
  • – インタラクティブ・サウンドデザイン
  • – コンピュテーショナル・デザイン
  • – 自然言語処理
  • – データビジュアライゼーション
  • – モバイルアプリケーション など

ご依頼・ご相談などは、こちらからお問い合わせください

CONTACT